営業は強いメンタルで

営業成績がメンタルに影響

営業成績とメンタルについて

昨今の日本では「成果主義」というものが取り入れられており、「営業成績があがっている人ほど偉い」という風潮の会社さえあります。そのため、営業成績が最も重要視されるような保険関連などの会社などの場合には、メンタルを病んでしまう人がとても多い、とされており、この他にも、目標に達していなければ、上司からパワハラを受ける形で精神を病んでいってしまう、という人が後を絶たない時代となっています。これは、昔は日本の場合には、ここまで不景気による格差がなかったことと、「成果主義ではなく年功序列による会社体制」であったものが、崩れ去り、その結果としてここまでメンタルを病んでしまう人が多くなった、とされています。

営業マンはメンタルの強さが必要

「営業」とは、自社で取り扱っている商品やサービスを、企業や個人に売り込み、商品を購入してもらったり、契約を結んで自社の利益を向上させるための企業努力になります。購入してくれる人や契約してくれる企業が多いほど、利益が右肩上がりに増えるため、会社を大きくする要とも言えます。しかし、いろいろな詐欺被害も蔓延している中で売り込むのは、かなり大変なことで、簡単に話を聞いてくれる人ばかりではなく、始めは不信感を持たれてしまいますので、何度も何度も断られ、酷い場合には暴言を吐かれることもあり、メンタル面が要求されます。体調を崩して会社を辞めざるを得ない人もいますので、営業マンは、少しのことでは挫けることなくメンタルが強くなければ長続きしない職業とも言えます。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 営業成績がメンタルに影響 All rights reserved